WELLSTONE RACING KART SHOP & CLUB HOME PAGE

CLUB

もてぎ K−TAIレポート(2005/8/7)

プロローグ

これより、我々、WELLSTONE KART CLUBのK-TAI参加報告をする。

本報告は、記憶をたよりに、過酷な長時間耐久レース振り返ったものなので、いくつかの誤記や記憶違いがあるかもしれないので、はじめに了承していただきたい。

After Machine

今年も、去年に懲りず、我々、WELLSTONE KART CLUBも、熱い日にエントリーした。チーム名「WELLSTONE KTAI01」は受理され、我々のミッションは始動した。ゼッケンは#94。

本ミッションの目標は、勿論、「優勝」の2文字。

今年は、昨年と同じドライバーで、

という、ラインナップである。マシンは、KOSMIC T-8にROTAX MAXと、昨年から同じ組み合わせである。

今年の目標としては、ラップ数を昨年の最多ラップ数の161ラップから5ラップ多い166ラップとした。

また、昨年のマシンでのラップタイムは悪くなかったが、いくつかの欠点もあったので、いくつかの強化を行う必要があった。その為のタスクとして、我々は3つのポイントをおいた。

  1. 空力パッケージの強化
  2. フロントスポイラーを、空力効果の高いものに換え、補助的に一部しかなかったアンダーパネルを、底面をアルミと樹脂のコンポジット素材で、全部覆う形とした。昨年と比較して、トップスピードと燃費の向上を狙ったパッケージとした。

  3. セッティングの煮詰め。
  4. 昨年は、キャブレターセッティングが合っていなかったこともあって、燃費が悪かった。そのため、いくつかのレースシュミレーションから最適なセッティングを導き出した。

  5. ピットクルーの強化
  6. 昨年は、ピットクルー不足で、ピットイン時間が長くなってしまう問題があった。その点を踏まえ、4名のピットクルーを専属で確保した。石井利久 代表を、監督とした計10名の強力なチーム体制を敷いた。

Front Spoiler

今年の特徴は、このフロントスポイラー。昨年のスポイラーより空力に優れ、ドライバーに当たる風がかなり軽減されている。

Under Panael

全体を覆うアンダーパネルは、アルミと樹脂の複合材。軽量で強度がある。建設資材の流用で、低価格なのが魅力だ。
これにより、車体下の整流効果が得られ、グランドエフェクトも期待できる。
ちなみに、昨年は、ベニヤ板であった。

| 次のページ >

[ サイトマップ | ご利用の注意 | 管理者へ連絡 ]
Copyright © 2003,2009 WELLSTONE KC All Rights Reserved.