WELLSTONE RACING KART SHOP & CLUB HOME PAGE

CLUB

2006 Motegi K-TAI (2006/8/6)

レース全体のコメント

もうすっかり、夏の風物詩となって、夏といえば、「K-TAI」という感じで、わがWELLSTONEでも定番行事になっています。

最近は、お休み気味のレースレポートですが、これだけは外せないということで、取材をしてきました。まぁ、昨年は、参加ドライバーということで、硬めの内容でしたが、今年は、外側に回って、いつも通りのレポートです。

さて、今年は特に昨年とは変わっていないが、ドライバが3人に減ってます。また、レギュレーションも大きな変更はないが、一回の給油量が5リットルと少なくなっています。これがピットインタイミングの戦略性が出てきて、微妙な駆け引きが必要になりました。

で、毎年、トラブルで泣くんだけど、今年は、タイヤに泣いた。あっという間に、タイヤが減り、1セット1時間持ちませんでした。でもなんとか、7時間を4セットで走ったのは、偉いですね。趣味で走る以上は、あまりお金を掛けずにやりたいところ。安くて、長持ちして、グリップの良いタイヤって無いですかね。

それでも、何とか152ラップを走りきって、結果は7位(同一4位)でした。みなさんお疲れ様でしたー。

レース前

warming up rum result

Last Setting

朝の公式練習はなんと、トップタイムでした。やる気十分です。

公式練習後の最終チェックをするクルー。

Fuel Chacge Tank

Skin Head

今年から導入された5リットル制限のタンク。2個目だとか。聞くと、前日の車検時配布されたが、当日の朝には無くなっていたとこのと。やれやれ。

相変わらずの頭じゃ。んっ?こうやってみると、若い女性を催眠術で何人も囲っていて、逮捕されたどこかのあるじいいさんに似てる??

Sponsor

Grid

今年は、スポンサー様が居ます。いやー、ありがたいですね。

とりあえず、グリッドで記念撮影。

Grid No

Tail Grid

伝統はきちんと守られているようですね。98番グリッド。

しかも、今年はグループのなかでも、かなり後ろ。後ろから見えます。でも、なんとかならないんですかねー。ゴール時の差を見ると、先頭グリッドとの差以上に、トップとの差があるけど、抜いていくのも大変だよねぇ。

Grid Walk

Maid

恒例のレース前のグリッドウォーク。相変わらずいっぱいいますね。

今年は、コスチュームプレイが流行ってました。略してコスプレ。昔は、違う服を着せて×××することを、コスプレと言ったもんですが、最近は、すっかり市民権を得た単語ですね。で、定番のメイド。これもなかなか良いかもえ。

Goranger

Gaijin

で、こちらは、昔なつかしゴレンジャーのコスプレチーム。

こっちは、コスプレじゃなくて、本物(?)のキャンギャルです。カメラ構えたら、ポーズとってくれました。いやー本物は違うねー。

BS Mr.Ishizuka

おっと、今年も熱い中、仕事してました。タイヤ減るの早いよー。

レース前編

Start

Shiobara

7時間耐久のスタート。広いからよく分かりませんね。

スタート担当は、塩原。毎年やっているので、慣れたもんですね。

Shiobara Last Corner

Pit Crew

最終コーナーはこんな感じでいつも団子状態。

ピットクルーは大変です。

130R Shiobara

130R Shiobara

今年は、写真撮りがメインなので、コースの色々な場所で撮ってました。これは、130Rの出口。

3ワイドな状態。こうやってみるとインディみたいですねー。

Back Straght Shiobara

Back Straght Shiobara

こちらは、バックストレート。下り坂なので、ブレーキが難しいところ。結構な急勾配の下り坂なので、はじめは、ちょっとびびるところでもある。

同じくバックストレートで、カットインするところ。まぁ、慣れてしまえば、カートのコースと同じで、どうってことのないコーナーなんですが、K-TAIは遅いカートもいるので、抜きながら進入というケースが多くて、ラインと速度を読み違えると、痛い目に合うところでもある。

Pace Car

2nd Coner

そうこうしているうちに、クラッシュ発生により、ペースカー導入。

原因は、2コーナーと3コーナーの間のストレートで、2台がクラッシュした模様。そのうちの1台。

2nd Coner

Pit

クラッシュしたもう一台。タイヤとか外れてバラバラ状態。カートコースとは違って、スピードが出るだけに危ないですねー。接触でもしたんですかねー。

このタイミングで各チーム、ピットインするところが多かったみたいです。

Tower

Nishimura

この時点で、4位まで上がりました。

次のドライバーは西村。最近、更に重量が増した模様。

Pit In

Nishimura Puncture

ガンバレーっと思っていたら、いきなりピットイン。

よく見ると、フロント右タイヤがパンクしている。

Pit Work

Ishii Pit Out

急いで、タイヤ交換。

ついでにドライバーも石井にチェンジ。

Ishii

Ishii

この日の石井は速かった。公式練習でトップタイムを出したのもこの人。

速い速い。

Tower 2:43

Ishii Pit In

2:43時点で2位。いたって順調。

ピットインする石井。ピットインする場合は、バックストレートから、インベタで走る必要があります。

Nishimura

Catcher boat

さっきは、ちょっとだけしか走らなかった西村がまた走る。

通称「捕鯨船」。クラッシュして、走行不能になると、こうやって運ばれます。乗りたくないですねー。

Dango

4ワイドとかじゃないですね。ちょっと凄い団子状態だったので、撮ってみました。みんな気を使うせいか、この状態になると、かなり遅くなる。

< | 次のページ >

[ サイトマップ | ご利用の注意 | 管理者へ連絡 ]
Copyright © 2003,2009 WELLSTONE KC All Rights Reserved.