WELLSTONE RACING KART SHOP & CLUB HOME PAGE

CLUB

2006 NTC Kart Festival (2006/1/29)

レース全体のコメント

新東京サーキットも今年で25周年だそうだ。その記念レースという冠がついたのが今回のレースだ。内容はというと、SSクラス(YAMAHA KT100S + BS SL02)オンリーというもの。

普段、他のクラスで走っている選手も多数人数エントリーし、69台のエントリーがあった。KT100Sが70台も集まるのは、YAMAHA SL全国大会ぐらいなので、かなりの盛況振りだ。

NTCを賑わしているドライバーが、クラスを超えて一同に介し、1つのクラスで走るのだがら、面白くないことはないはず。

70台も集まると、フルグリッド数の多いNTCでも、流石に3クラス分けとなっていたが、その中でも、上位クラスは、結果を裏切らない、非常に見ごたえのあるレースだった。

上位の5台は、全日本選手権と遜色のないレースで(実際、全日本選手だったりするが・・・)、最終ラップまでのレース展開は、お手本のような内容のもの。

一方、我がWELLSTONE KCの面々は、見るも無残、壊滅に近い状態。WELLSTONEらしいといえば、そうだが、違う意味で唸らせる内容だった。

まっ、みんな趣味でやっているので、怪我もなく、楽しめるのが一番だけどね。(^^)

リザルト

Name TimeTrial
(time)
Pre-Final 1
(Best Time)
Pre-Final 2
(Best Time)
Pre-Final
Total
Final
(Best Time)
Final
Best Lap
Fastest Time 37.430秒 No Data No Data 37.772秒 15/25
A Class (36台)
長内 正人 16位(38.121秒) A組5位(No Data) A組4位(No Data) 15位 10位(38.637秒) 8/15
B Class (23台)
田村 忠明 42位(38.725秒) C組8位(No Data) C組10位(No Data) 26位 12位(38.591秒) 10/20
木村 順 69位(NG) C組10位(No Data) C組16位(No Data) 44位 16位(38.660秒) 4/20
西村 直哉 63位(39.447秒) C組9位(No Data) C組22位(No Data) 41位 19位(39.411秒) 14/20
島見 明人 48位(39.910秒) C組13位(No Data) C組12位(No Data) 36位 23位(38.577秒) DNF
C Class (22台)
村上 卓有 52位(39.046秒) A組19位(No Data) A組16位(No Data) 56位 6位(38.708秒) 19/20
澤井 理之 58位(39.153秒) A組18位(No Data) A組18位(No Data) 57位 13位(39.041秒) (No Data)
加藤 元弘 54位(39.065秒) C組22位(No Data) C組18位(No Data) 60位 15位(39.915秒) (12/19)

A組予選1

Group-A Pre-Final 1 Start

Group-A Pre-Final 1 Osanai

A組予選1ヒートのスタート

6番グリッドだった長内は、スタートのドサクサに紛れて、1つポジションを上げる。タイム的に苦しい長内は、最終コーナー出口で、伏せる。

Group-A Pre-Final 1 Sawai & Murakami

Group-A Pre-Final 1 Sawai & Murakami

18番グリッドの村上と20番グリッドの澤井は、無難にスタートを切り、村上の前に出る澤井。

クラブ員同士で争う澤井と村上。村上は大きい体を懸命に小さく伏せているが、あまり効果は無いようだ。

Group-A Pre-Final 1 Sawai & Murakami

Group-A Pre-Final 1 Sawai

村上は元気がなく、澤井から徐々に遅れ始める。

澤井は、クラブ員同士の骨肉の争いを制して、18位に終わる。

Group-A Pre-Final 1 Murakami

Group-A Pre-Final 1 Osanai

村上は、ほとんど山の無いタイヤが影響してか、まったく振るわず、19位に終わる。

いやーっ、一眼レフって良いですねー。ストレートでも、流し撮りがよく決まる。コンパクトデジカメに戻れないですねー。

長内は、期待された乱戦は見られず、淡々と走り、何とか5位でチェッカーを受けた。長内曰く「初めて、37秒台がでたっ」だそうだ。いかんですな。みんなを楽しめるレールをしないんでは。

C組予選1

Group-C Pre-Final 1 Tamura

Group-C Pre-Final 1 Shimami

今回、ダークホース的な存在だった田村。

島見がローリングに遅れているなぁ、と思いきや、ローピン(注)をしていたそうだ。

注:ローピン。【動詞】Rolling Spinの略。Rolling Ultra Thunder Spinともいう。ローリングスタート中にスピンを喫するさま。または、行為。とっても恥ずかしい行為なので、ローリングウルトラサンダースピンといえば、少しは恥ずかしさは軽減される。例:「俺さー、タイヤが温まってなくて、ローリングウルトラサンダースピンしたぜ。どうだ、すげーぇだろ。」尚、NTCのレギュレーションでは、最後尾につかなければならないが、昔、ローピンをして、堂々と自分のポジションに戻ったツワモノもいる。いやー、なつかし。

Group-C Pre-Final 1 Start

Group-C Pre-Final 1 Kimura & Nishimura & Shimami

なぜか、B組が1人も居ず、C組のローリングスタート

木村23番グリッド、西村21番グリッド、島見16番グリッドのスタートのはずが・・・。ちなみに、木村は、タイトラで重量失格ではなく、チェーンカバーの不備で失格となり、最後尾のスタートだった。

Group-C Pre-Final 1 Katho

Group-C Pre-Final 1 Kimura & Shimami

あれっと思ったら、3コーナーでスピンした加藤。鬼門になってますね。

と思えば、島見と木村がスピンしているし・・・。

Group-C Pre-Final 1 Tamura & Nishimura

Group-C Pre-Final 1 Kimura

なんと、田村と西村が無難に走って、ランデブー。西村は、特に何もしていないが、回りがコースアウトしていき、結局9位になる。

木村は、スピンしたものの、12位入る。ずいぶん荒れたレースだ。

Group-C Pre-Final 1 Tamura

Pre-Final 1 Club Breake Time

結局、無難な走りをしていた田村が、8位と幸先がよいヒートとなった。

ブレイクタイム。ちなみに、ストーブは20年来の年季が入ったもの。味が出てますねー。まだ、一回も芯を変えていないそうな。それでも、ちゃんと火がつく。すぞいぞ、コロナストーブ。

A組予選2

Group-A Pre-Final 2 Osanai

Group-A Pre-Final 2 Sawai & Murakami

長内は、6番グリッドからのスタート。

澤井と村上は、後ろだな・・・・。

Group-A Pre-Final 2 Start

Group-A Pre-Final 2 Start

エンジンスタート

やたら、速い、ローリングスタート。

Group-A Pre-Final 2 Osanai

Group-A Pre-Final 2 Osanai

まずまず、長内。

オープニングラップは3位で返ってくる。

Group-A Pre-Final 2 Sawai & Murakami

Group-A Pre-Final 2 Sawai & Murakami

村上は、少し出遅れたものの、

序除に、追い上げていく。

Group-A Pre-Final 2 Osanai

Group-A Pre-Final 2 Sawai

こうやって見ると、この人でも、少しは小さく見えますね・・・。

澤井。少し気合は入っている?

Group-A Pre-Final 2 Murakami

Group-A Pre-Final 2 Sawai

少し余裕の村上。

しばらく、動きが無いと思いきや・・・。

Group-A Pre-Final 2 Osanai

Group-A Pre-Final 2 Osanai

やっぱり、勝負を掛ける長内。

4コーナー出口でぴったり付いて、スリーボンドコーナーで前に出るものの・・・・。

Group-A Pre-Final 2 Osanai

Group-A Pre-Final 2 Osanai

しっかり、逆に、後続に喰われてしまいました。結局4位。

気が付けば、村上は、澤井の前に出てるし・・・。

C組予選2

Group-C Pre-Final 2 Start

Group-C Pre-Final 2 Nishimura

綺麗なローリングスタート。

と、思いきや、2コーナーで混乱。その中心には・・・・。拡大すると、西村がいるし。_| ̄|○

Group-C Pre-Final 2 Kimura & Katoh

Group-A Pre-Final 2 Tamura

ええっと、このクラスは、人が多くて・・・。後方からの追い上げの、木村と加藤。がんばれーっ。

田村は、淡々と走る。

Group-C Pre-Final 2 Shimami

Group-C Pre-Final 2 Tamura

今回、元気の良かった、島見。

田村は淡々と走ってる。

Group-C Pre-Final 2 Shimami

Group-C Pre-Final 2 Kimura & Katoh

珍しく、元気が良い島見は、上がったり下がったり。

KTに手を焼いている?二人か?それでも、追い上げるレースを展開する木村と加藤。

Group-C Pre-Final 2 Tamura

Group-A Pre-Final 2 Katoh

田村は、ここで、いつもキャブをいじるね。田村はこのまま、10位でチェッカーを受ける。

身体の大きい人は、伏せるのも一苦労って感じです。

Group-C Pre-Final 2 Shimamii

Group-C Pre-Final 2 Shimami

縦の流し撮りって難しいんだよね。これは、斜め流し撮り?

島見がかき乱しでいるため、後続の木村、加藤が追いついてきた。

Group-C Pre-Final 2 Shimami

島見は、アグレッシブな走りを久しぶりに見せて、12位でチェッカー。

< | 次のページ >

[ サイトマップ | ご利用の注意 | 管理者へ連絡 ]
Copyright © 2003,2009 WELLSTONE KC All Rights Reserved.